対策の種類

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品紹介が含まれています。

風邪でもないのに咳が止まらない。

しかも咳が何週間も続いて治まらないとなると気になりますよね。

そんなときには咳喘息を疑ってみる必要があるかもしれません。

もし咳喘息になったなら、一刻も早く咳止め対策を考えましょう。

↓↓咳止め対策の参考サイト↓↓

About この記事を書いた人

ブログ運営者こんにちは! メグです。
オーガニックな生活に取り組んで5年目の主婦です。
夫と5歳、2歳の子供+義父の5人が、小さな家で暮らしています。
某食品メーカーで食品分析士として働いた経験を活かし、家族の健康のため自然素材を取り入れる生活を心がけています。
ブログ名のオーガニッチは、自然素材から作られるニッチなアイテムを紹介することから名づけました。
今は専業主婦ですが、ずっと家にいたのでは窒息しそうになるので、ひそかに仕事復帰のチャンスをうかがっています。
●資格保有:食品分析士、管理栄養士

咳喘息は気管支の病気で、慢性的に咳が続いて止まらない状態のことです。

咳喘息は本格的な喘息の一歩手前の症状のことで、喘息と同じように呼吸をするための気道が狭くなり、刺激に過敏になるので咳の発作や炎症を起こしたりするのです。

なので、症状が咳喘息のうちに、真剣に咳止め対策を取るべきなんですね。

このページでは、咳をしずめるのに有効なドクダミの成分や、日常で咳を誘発させないためにとるべき対策について解説しています。

この記事でわかること
  • 咳喘息が誘発される原因と症状
  • 咳喘息の予防とドクダミの関係
  • 日常で気をつけたい咳喘息の予防法

咳の予防対策にドクダミが効果的

庭の隅や道端で、どくだみが生えているのをご覧になったことはないでしょうか。

昔からどくだみは、体の様々な異常を治す効果があるとされてきました。

ドクダミは『十薬』という生薬名があり、『デカノイルアセトアルデヒド』や『クエルシトリン』などの、殺菌作用抗炎症作用のある成分を含んでいます。

これらの成分が、咳を誘発する原因を抑えるのに有効に作用することは、薬草の研究者や専門家により、現代にも広く知られるようになってきました。

ウィルス

咳を誘発する原因のひとつに、ホコリやダニといったものがあります。

ホコリとかダニなどのハウスダストは、咳喘息の発作も引き起こすことがあり、ホコリのアレルギーがある人は、気道が炎症を起こすことで咳喘息を発症します。

ドクダミ成分は、この咳喘息に対して抗菌殺菌、あるいは抗炎症作用が働いて、咳止めに効果を発揮します。

アレルギーがある方などは、普段からドクダミ成分を体内に摂り入れることで、咳喘息の予防対策をとることができます。

↓↓咳止め対策の参考サイト↓↓

また、こまめに部屋の空気の入れ替えをするなど、換気に注意することも咳喘息の対策には有効です。

部屋の換気

風邪など以外で咳喘息の症状が出る原因としては、室内外の温度差とか、タバコの受動喫煙激しい運動をしたときや飲酒ストレスなどが考えられます。

咳喘息は風邪に併発して起こることがよくあり、風邪が治っても2、3週間くらい咳が止まらないようであれば、咳喘息の可能性があります。

咳喘息は男性より女性のほうに多く見られるようで、再発を繰り返すのが特徴です。

咳が長引くようなら、早めに専門のお医者さんで診てもらうことをお勧めします。

咳喘息の場合は基本的に呼吸器内科で診てもらうのが普通ですが、アレルギー体質の方はアレルギー科を訪れるのも有効です。

本格的な喘息になる前に早めに対処

マスクをした猫

咳喘息は止まらない咳が1ヶ月以上続き、ひどいときには咳が1年以上続くといったことがあります。

そして、市販されている咳止め薬などでは、なかなか咳が治まらないのが現状です。

ただ本当の喘息のように「ゼイゼイ」とか「ヒューヒュー」いうような呼吸音はしなくて、発熱や痰がからむことはありません。

夜寝ているときや、明け方になって咳が止まらないとか、寒暖の差や喫煙などで咳こんだりするのが特徴です。

喉がイガイガしたり、話しこむと声が枯れたりするのも咳喘息でみられる症状です。

咳の発作があまりに激しいと、嘔吐や失神してしまうことさえあります。

咳きこむ女性

とくに注意したいのは、咳喘息は喘息になる前の段階であり、咳喘息を軽くみて放置していると、本格的な喘息になってしまう可能性があることです。

そうなる前に咳止め対策をうって、正しい治療を受けたり、体の管理に留意するのはとても大切なことなんですね。

↓↓咳止め対策の参考サイト↓↓

咳喘息の治療には気管支拡張薬や、吸入式のステロイド薬を使ったりしますが、普段から予防対策を取っておくのが賢明といえます。

予防対策として、天然素材から作られるオーガニックな健康飲料などを普段の食生活に取り入れるというのも、ひとつの方法ですね。

「どくだみ茶」や「どくだみ酒」などは、どくだみ成分の持つ抗菌作用抗炎症作用で咳の緩和が期待できるのでオススメです。

どくだみ青汁酒を毎日おちょこ一杯飲むだけで、咳が緩和されたという例はたくさんありますよ。

咳喘息というのは自然に治まっていくケースもありますが、20%から30%の確率で喘息に移行してしまうといわれています。

それを心に留め置き、決して油断なさらないように。

咳喘息は治らない病気ではないので、早い段階に退治してしまいましょう。

咳喘息を遠ざける5つの対策

健康管理

咳喘息から本格的な喘息に移行しないために最も大事なのは、日頃からご自身で健康管理に十分注意することです。

生活習慣や周りの環境に注意を払い、咳止めに効果があると思われることはどんどん取り入れて、咳症状の改善を目指しましょう。

風邪をひかないようにする

とくに風邪のシーズン、インフルエンザなどにかかると気道が炎症を起こし、刺激を受けた気道が収縮して咳喘息を誘引します。

風邪が流行している時期は出来るだけ人混みなどは避け、外出時にはマスクを着用すると同時に、帰宅したら手洗いとうがいを忘れずに実行しましょう。

季節の変わり目|気温の変化に注意

気温が急激に変化すると咳喘息を誘発することがあります。季節でいうと春先や秋の終わりの頃などに、気温の上昇や急な冷え込みなどに十分注意してください。

花粉の季節、アレルギーがある場合は言うまでもなくマスクをかけましょう。エアコンは冷やしすぎたり温めすぎたりしないよう、室外との温度差にも気をつけてください。

周囲の環境に気を配ろう

とくにアレルギー体質の人に気をつけてほしいのは、室内にアレルゲン (アレルギーを引起こす物質) を持ちこまないこと。ペットの毛やカビ、花粉はもちろん、ハウスダストなどは排除しましょう。

布団を叩く女性

布団を干したり掃除をしたり、出来るだけ室内を清潔に保つこと。

外出先ではタバコの煙をさけること。最近は喫煙する人も減り、喫煙できる場所も限られているので、そう難しいことでもないと思いますが、受動喫煙は回避したいですね。

タバコの副流煙での受動喫煙は、かなり気道を刺激することになり、咳喘息を起こしやすいです。

生活習慣を見直してみる

栄養が偏らないようバランスの良い食生活を心がけましょう。

あと飲酒ですが、一日の終りに一杯やってリラックス。わからなくもありませんが、アルコールを飲むと体内で『アセトアルデヒド』がつくられます。

このアセトアルデヒドが、気道を刺激して咳喘息を起こしやすくするんです。

咳喘息の傾向にある人は、お酒は飲まないのがベストですが、そうは言っても禁酒してストレスが溜まるのもよくありません。

毎日晩酌しているなら1日おきにするなど、酒量を減らす工夫をしてみてください。

ストレスを溜めないよう気分転換

少し難しいかもしれませんが、普段の生活でストレスを感じないようにする、あるいは溜めないようにするのも大事です。

たとえば、結婚披露宴でのスピーチを頼まれたりとか、何かの発表会など緊張する行動を強いられたことはありませんか?

そんなときに、軽い吐き気を感じたり空咳が止まらないといった経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。

これにはちゃんとした理由があって、ストレスは気道を敏感にし、刺激を受けたときと同じ作用をもたらすのです。

これを緩和するためには、日頃から疲れを溜めないよう十分な睡眠や休息をとり、物事をくよくよ考えこまないようにするしかないのですね。

ウォーキングや散歩などで、気分転換するのもいいかもしれません。

ジョギングする夫婦

咳止め対策まとめ

以上、咳止めの対処法をご紹介してきましたが、最後にまとめてみます。

咳は気道内に侵入した異物 (花粉、ホコリ、タバコの煙など) や、気道の炎症により刺激を受けたときに引き起こされます。

咳とは異物を体外に出して気道をキレイにするための、いわゆる「生体防御反応」なんですね。

ということは、気道を常にキレイにしておくことが、咳止めの手段として最も有効だといえます。

咳喘息の恐ろしい点は適切な処置を施さないでいると、やがて本当の喘息になり、症状がさらに悪化してしまうところです。

説明する女性

咳喘息が本格的な喘息に移行する前に生活習慣を見直したり、健康飲料を飲んでみたり、どんな方法でもいいので一刻も早く対策をとり、

喘息への移行を阻止する!

ここが、いちばん重要なポイントです。

咳喘息は克服できる病であることを忘れないでください。

必ず治すんだという意志をもって立ち向かいましょう。

↓↓咳止め対策の青汁酒↓↓