ウイルスのイメージ

風邪の症状が治まったにもかかわらず、咳が止まらないというようなときは要注意です。

そして、その咳が「乾いた咳」「湿った咳」かという点も重要になってきます。

もし風邪以外の病気を患っているとしたら、乾いた咳と湿った咳では、病気の種類やその後の対処の仕方が異なるからです。

ここでは乾いた咳と湿った咳とで、その違いによる病気の種類や対処の仕方について説明しています。

長引く咳が気になっている方の、参考にしてもらえれば幸いです。

咳が気になる方はコチラの記事もどうぞ ↓

この記事でわかること
  • 「乾いた咳」と「湿った咳」の違い
  • 乾いた咳が出るときに考えられる病気
  • 湿った咳が出るときに考えられる病気

なぜ咳が出るのか

咳きこむマスク女性

咳は、気道に異物や刺激を感じたときに、それを排除するために起こる防御反応です。

咳をしずめるためには、原因を正確に特定することが適切な治療の第一歩になります。

咳の原因はいろいろありますが、おおまかに次のことがあります。

  1. 呼吸器系や消化器系の問題 : 気道や肺、気管支、喉、食道に異常がある場合、咳が発生することがあります。症例には「気管支炎」、「気管支喘」、「肺炎」、「逆流性食道炎」などが挙げられます。
  2. 感染症 : ウイルスや細菌による感染症も咳の原因となります。「風邪」、「インフルエンザ」、「結核」などが代表的な疾患です。
  3. アレルギー反応:アレルギーによる反応で気道が刺激され、咳が引き起こされることがあります。花粉症やハウスダストアレルギーなどがその例です。
  4. 喫煙や有害物質の影響:タバコの煙や他の有害物質の摂取によって気道が刺激され、咳が生じることがあります。有害物質には「自動車の排ガス」、「花粉」や「黄砂」なども含まれます。

咳や痰の出るメカニズム

咳も痰も、体内に害を及ぼす異物が侵入しようとしたときに、それを防御する目的で引き起こされます。

咳きこむことで花粉やハウスダストを気道から追い出し、痰はウィルスや細菌を絡め取って体外へ排出するんですね。

咳が誘発される例には、下記のようなものがあります。

咳の原因 内  容
異 物 ホコリ、花粉、ウイルス、細菌、煙など
刺 激 乾燥した空気、冷たい空気、化学物質、薬剤など
炎 症 風邪、気管支炎、肺炎、気管支喘息など
その他 胃食道逆流症、心不全、肺がん、結核など

咳や痰の種類と症状

咳や痰の種類と症状は、その性質によって異なります。

主な種類としては乾性咳嗽(かんせいがいそう)と湿性咳嗽(しっせいがいそう)がありますが、それ以外の症状の咳もあります。

種 類 原 因 症 状
乾性咳嗽 風邪の初期、気管支喘息、アトピー咳嗽、逆流性食道炎、心因性咳嗽など 俗に乾いた咳といわれ、コンコン、ヒューヒューといった音の咳が出る
湿性咳嗽 風邪の後半、気管支炎、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など 俗に湿った咳といわれ、ゴホゴホ、ゲホゲホといった音の咳が出る
急性咳嗽 風邪など 3週間未満
遷延性咳嗽 アレルギー、咳喘息など 3週間以上8週間未満
慢性咳嗽 COPD、肺癌など 8週間以上続く

乾性咳嗽(乾いた咳)

コンコンとかヒューヒューといった乾いた咳が出て、それ自体苦痛を伴うので、原因となる病気とともに咳の治療も行います。

アトピー咳嗽、咳喘息や気管支喘息、胃食道逆流症、喉頭アレルギー、間質性肺炎、気管支結核、降圧薬(ACE阻害剤)の内服などが主な原因疾患として挙げられます。

湿性咳嗽(湿った咳)

湿ったすっきりしない咳で、痰が絡みます。

原因となる病気とともに、痰など気道粘膜の過分泌治療も行うことがあります。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支喘息、肺がんなどが主な原因疾患として挙げられます。

熱症状などない咳

熱などないのに咳だけが続くという場合で、多くは痰を伴います。

感染症、咳喘息や気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎などが原因疾患として挙げられます。

念のために、肺がんや肺結核などの検査・診断を行うことも多くあります。

咳が気になる方はコチラの記事もどうぞ ↓

乾いた咳が出るとき注意すべき病気

咳をする女性1

湿った咳が「ゴホンゴホン」といった感じなのに対して、乾いた咳は「コンコン」という音で表現され、痰もからまないといった特徴があります。

乾いた咳は風邪のときによく出ますが、よく調べてみると「気管支炎」や「肺がん」を患っていたというケースがあるので注意すべきでしょう。

気管支炎

ばい菌の侵入予防

気管支に炎症が起きることで発症しますが、2~3週間で治まる「急性気管支炎」と、1年以上にわたって咳だけでなく痰もからむ「慢性気管支炎」とがあります。

乾いた咳が出るのは急性気管支炎の場合ですが、原因のほとんどがウイルス感染によるもので、症状が重いときは細菌による感染の場合もあります

一般的に気管支炎というと急性のものを指しますが、ウイルス以外でも「タバコの煙」や「粉塵」、「ダニ」や「カビ」といったようなものを吸い込んだときにも症状が表れることがあるので、環境にも影響を受ける点に注意しましょう。

症状としては「喉の痛み」や「鼻水」、「悪寒」といったような風邪の症状から始まり、熱が出たり筋肉痛をともなって乾いた咳が出るようになってきます。

対処法は栄養をつけて、じっと安静にしていることですが、治療としては咳止め薬解熱剤などによる対症療法が一般的です。

気管支炎については、下記のページでも詳しく説明しています。⇓
長引く咳の原因|知っておきたい…

百日咳

クラスターの解説図

百日咳の特徴は連続する短い咳が出て、合間に「ヒューヒュー」という音が聞こえるところです。

咳が治まるまで3ヶ月(約100日間)程度かかることから、百日咳というふうに呼ばれるようになりました。

百日咳菌に感染することで発症しますが、患者の咳やくしゃみによる飛沫感染や接触感染によって人から人へと広がっていき、非常に感染力が強いことでも知られています。

コロナウイルスが、空気感染によってクラスターを発生させるのと同じ原理ですね。

主に抗菌薬を服用することで治療しますが、従来は乳幼児に多くみられていた百日咳が、最近では成人の間でも発症する人が増えてきました。

割合でいうと大人と子供が半々で罹患しているといった現状です。

咳喘息(せきぜんそく)

不眠症の女性

気管支喘息の一歩手前の段階が咳喘息です。気管支喘息のような痰はともなわず、空咳が出るのが特徴です。

「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」の喘鳴(ぜんめい)音はなく熱も出ないので、症状としては比較的軽いほうですが、気管支が炎症を起こしていることに変わりはありません。

煙やホコリ、花粉やダニといった異物に少しでも刺激されると咳の発作が起こります。

最近の治療法では、気管支の炎症を改善する「吸入ステロイド薬」と、即効で呼吸をラクにする「気管支拡張薬」を併せた合剤が使われるのが一般的になってきました。

比較的軽い症状とはいうものの、夜中や朝方の咳の発作で熟睡できずに免疫力が低下したり、油断すると悪化して気管支喘息に進行することを考えると、決して楽観視は出来ない疾患だといえます。

咳喘息については、下記のページで詳しく解説しています。↓
咳喘息には早めの対策を!どくだみの殺菌力

間質性肺炎

息切れする女性

間質性肺炎は、肺胞壁に炎症が起きることで呼吸機能に障害をもたらす疾患ですが、今のところその原因はわかっていません。

初期にはほとんどの場合無症状なので気がつきにくく、そのうち空咳が出るようになり、息切れしたり呼吸が苦しくなってきます。

病院で診断を受けてはじめて発覚するというケースも珍しくありません。

病名に肺炎と付いていますが、一般にいわれる肺炎とはまったく別の病気で、簡単に言うと肺の内部を侵されるのが肺炎だとすると、間質性肺炎は肺の外側の広い範囲で生じる疾患です。

広範囲にわたり様々な箇所で発症するので、ひと口に間質性肺炎と言っても症状別に何種類かに分けられています。

原因が不明なうえに難治性であり、薬で進行を遅くする以外に有効な治療法が見つかっていないのが現状です。

肺がんを併発することも少なからずあり、COPDの場合と同じで喫煙は絶対的にタブーです。

湿った咳が出るとき注意すべき病気

咳喘息

咳が出るのは気管支に炎症を起こしているときです。

気管支の内壁は、ハウスダスト花粉など侵入してくる異物から守るため常に粘液でガードされています。

炎症を起こすとこの粘液が増えて呼吸がしづらくなるため、粘液を外へ出すために、咳と一緒に痰(たん)として排出されるのです。

このような痰のからんだ咳のことを「湿った咳」と表現しますが、考えられる疾患としては「慢性気管支炎」や「肺気腫」などがあります。

最近はこれらをまとめて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と呼びます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

禁煙マーク2

COPDになると風邪でもないのに咳や痰が出て、徐々に病状が進行するうち息切れを感じるようになり、やがて「呼吸困難」や「呼吸不全」をを起こして日常生活に支障をきたすようになってきます。

COPDは進行性の疾患なので根治することはできませんが、早期に治療を開始することで呼吸機能が低下するのを遅らせることができます。

治療期間は長期に及ぶものの、生活習慣を改め自己管理に注意することで、健康な人と同じように生活を送ることができます。

とくに喫煙との因果関係が深く、タバコを吸う人は、まず禁煙から始めるのが最も重要になります。

気管支喘息

気管支喘息は、気管支に慢性的な炎症があることで気道が狭くなって起こる疾患です。

特徴としては突然咳きこんだり痰がからんだりということに加え、「ゼーゼー」とか「ヒューヒュー」といった喘鳴音(ぜんめいおん)がすることです。

原因の主なものは、ホコリやタバコの煙、花粉などの異物(アレルゲン)が気管支の炎症部分を刺激することにありますが、ストレスなど心因的な要素が関係する場合もあります。

吸入器

治療は薬物療法が一般的で、「気管支吸入薬」や「ステロイド内服薬」などで対応するのがほとんどです。

とくにアレルギー体質の人は、細菌やウイルスなどの病原体はもちろん、ハウスダストやダニ、花粉、ペットの毛といったアレルギー物質(アレルゲン)を吸い込まないよう注意することが重要です。

気管支喘息については、下記のページでも詳しく説明しています。⇓
長引く咳の原因|知っておきたい…

肺結核

肺の解説図

肺結核にかかると咳や痰が出ると同時に、微熱が続いたり胸が痛かったり、全身がだるくなるといった症状に襲われます。

一見すると、風邪に良く似た症状です。

現在の肺結核の治療は、ほとんどの場合が薬物療法によるもので、通院して治療するケースも増えてきています。

肺結核は、「血痰」や「喀血」がみられることもあり、かつては国民病と呼ばれ死因の第一位だった時代もありますが、現在では適切な治療を行えば完治する病気になりました。

咳や微熱が2週間以上続くようなときには、自己判断で風邪だと決めつけず、早めに医療機関を訪れるようにしましょう。

気管支拡張症

聴診器

気管支拡張症は、気道の壁が傷つくことで気管支が広がったままになった状態のことをいいます。

拡張と聞くと気道が広がって、空気の通りが良くなるイメージをもたれるかもしれませんが、傷ついた気道を守ろうと粘液が多量に分泌されるため、逆に気道が狭くなり呼吸が苦しくなるのですね。

気道が傷つく原因には、細菌やウイルスによる呼吸器感染症や異物の吸入によるものなど様々にありますが、とくに肺や免疫機能に異常のある人はかかりやすいとされています。

咳きこんだり血痰が出たり、胸痛や息切れがしたりと肺結核の症状に似ています。

肺炎を繰り返すといったケースもあります。

治療の中心になるのは薬物療法ですが、症状が重篤な場合は手術に及ぶこともあります。

残念ながら現在のところ完治するのは難しいとされ、ワクチン接種などで予防に努めることが重要とされています。

まとめ

治療薬

咳には大きく2種類あり、それぞれで病気に違いがあることがわかっていただけたのではないでしょうか。

ここにご紹介した以外にも、咳に関する病気は他にいくつもあります。

医療機関を訪れる際に大事なのは、自分自身で咳の出具合をよく把握し、できるだけ詳しく症状を医師へ伝えることです。

お医者さんも具体的なことがわかれば、その後の処置や対応を的確に行うことができるからです。

そのために、ここではまず最初に判断できる「湿った咳」と「乾いた咳」について説明しました。

「ゴホンゴホン」も「コンコン」も、咳が長引くようであれば自己判断に頼らず、早めに専門医と相談することをおすすめします。

咳が気になる方はコチラの記事もどうぞ ↓