サジージュースと女性

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品紹介が含まれています。

女性は40代にさしかかる頃から、それまで感じなかった体調の変化をうったえる人が増えてきます。

俗にいうアラフォー世代ですが、貧血の症状や生理不順や冷え性など、深刻な悩みを抱えている方も多いですね。

とくに耳にするのが膀胱炎で、日本人女性の35%が40歳までに罹患するポピュラーな病気とされています。

ただ最近の研究では、有機酸が膀胱炎の予防や治療に効果的であることがわかってきています。

このページでは、膀胱炎の基本的な情報や有機酸の具体的な効果、そしてその摂取方法や注意点について、有機酸を豊富に含むサジー果実を100%使ったジュース「豊潤サジー」の紹介とともに説明しています。

健康な生活を維持するために、膀胱炎に対する正しい知識を是非身につけてください。

豊潤サジー公式サイト

この記事はこんな人にオススメ
  • 膀胱炎を繰り返す傾向にある人
  • 膀胱炎の予防対策を知りたい人
  • トイレの回数が増えた気がする人
  • トイレに行っても残尿感のある人

サジージュースについては、下記のページで詳しくご覧いただけます ↓

About この記事を書いた人
ブログ運営者こんにちは! メグです。
オーガニックな生活に取り組んで5年目の主婦です。 夫と5歳、2歳の子供+義父の5人が、小さな家で暮らしています。
某食品メーカーで食品分析士として働いた経験を活かし、家族の健康のため自然素材を取り入れる生活を心がけています。
ブログ名のオーガニッチは、自然素材から作られるニッチなアイテムを紹介することから名づけました。
今は専業主婦ですが、ずっと家にいたのでは窒息しそうになるので、ひそかに仕事復帰のチャンスをうかがっています。
●資格保有:食品分析士、管理栄養士

膀胱炎の予防には有機酸が有効

新鮮野菜と果物

有機酸は果実や野菜に含まれる自然由来の酸で、健康維持に多くの役割を果たします。

特に、膀胱炎の改善に有機酸の摂取が有効であると、書物などでも提唱されています。

膀胱炎の原因のほとんどは、細菌の感染によるものです。

膀胱は、腎臓から送られてくる尿を一時的に溜めておく場所で、カラダに有害な細菌をオシッコと一緒に体外へ排出する働きをしています。

ところが、トイレへ行くのを我慢したりすると、排出すべき細菌が膀胱の中で増えてしまい、膀胱の粘膜に炎症を起こしてしまうことがあります。

これが膀胱炎になる原因のひとつですが、とくに体の免疫力が低下しているときに起こりやすくなる傾向にあります。

膀胱炎は繰り返すことがよく知られていて、何度も膀胱炎を発症する人は慢性的に免疫力が低下していることが考えられます。

なので、膀胱炎を予防するためには免疫力を高めるということがすごく大事になってきますが、有機酸には免疫力を向上させる働きがあるのですね。

スーパーフルーツといわれるサジーの果実には、この有機酸がとても豊富に含まれていて、体調に変化を感じ始めるアラフォー女子には、サジージュースを飲んでいる人が多くいます。

サジージュースに含まれている有機酸は、リンゴ酸キナ酸クエン酸などですが、有機酸には、細菌の増殖を抑制する抗菌作用もあります。

例えば、サジー果実に含まれるキナ酸は尿中のpHを低下させ、細菌が繁殖しにくい環境を作ります。

また、クエン酸は細菌の細胞膜に作用し、感染を防ぐ効果があります。

これらの効果により、有機酸は膀胱炎の予防や治療に有効とされているのですね。

私が飲んでいる「豊潤サジー」には、これらの有機酸が豊富に含まれているので、膀胱炎に悩まされている人には超オススメですよ。

有機酸の膀胱炎への具体的な効果

たくさんの味噌や醤油

有機酸には疲労回復、殺菌作用、食欲増進などの効果を期待でき、多くの食品に用いられています。

有機酸は、たとえば清涼飲料水や菓子パンなどをはじめハムやソーセージ、醤油や味噌など、私たちが普段口にしている、ごく身近にある食品に広く含まれているんですね。

また有機酸は調味料という役割だけでなく、体の中の悪玉菌の発生を抑えたり、腸内バランスを整えたりする、体に嬉しい食品添加物としても多く利用されています。

最近では、有機酸を含んだ除菌・消臭スプレーなんかも売られていますね。

有機酸は果実などに多く含まれ、いろいろな種類があります。

ここからは、膀胱炎の予防に果たす有機酸の重要性と、豊潤サジーに含まれる有機酸の一種であるリンゴ酸、キナ酸、クエン酸について解説します。

リンゴ酸が菌を排出するデトックス効果

サジーのリンゴ酸含有量

リンゴ酸は食品に酸味を加えるため使われたりする有機酸ですが、やや刺激性のあるさわやかな酸味で舌に残る感じがあります。

クエン酸と同じようにカラダに溜まった乳酸を分解する働きがあり、菌や老廃物を体外へ排出するデトックス効果が、膀胱炎の予防に繋がり、疲労回復にも効果があります。

リンゴ酸はリンゴジュースなどに含まれますが、サジージュースにはその7倍以上ものリンゴ酸が含まれることがわかっています。

豊潤サジーは、このリンゴ酸を豊富に含んでいるので、睡眠が十分にとれて朝スッキリ目覚めるようになったり、翌日に疲れを持ち越すことがなくなり、免疫力を高める効果があるんです。

キナ酸は細菌の繁殖を抑える

キナ酸はサジー果実やコーヒー種子などに含まれている有機酸で、カラダの中で尿酸(馬尿酸)に変化してオシッコを酸性に保ちます。

オシッコが酸性になると細菌が繁殖しにくくなるため、膀胱炎だけでなく尿路感染症なども予防する効果を期待できるんですね。

このキナ酸は、豊潤サジーにも豊富に含まれていて、リンゴ酸と同様にカラダに溜まった細菌や老廃物を体外へ排出するのに活躍してくれるんですよ。

膀胱炎対策にキナ酸を含むクランベリージュースが有効であることは広く知られていますが、豊潤サジーにはクランベリージュースの2倍近くのキナ酸が含まれています

キナ酸は、膀胱炎や尿路感染症を予防するだけでなく、アルツハイマー病の発症予防にも期待できるとされています。

クエン酸が免疫力をアップ

梅干しが酸っぱい女性

豊潤サジーには、有機酸の一種であるクエン酸も豊富に含まれています。

クエン酸といえば梅干しとかレモンなどが思い浮かぶのではないでしょうか。

クエン酸はカラダに溜まった乳酸を分解したり、新陳代謝を促進する働きがあります。

また、ミネラルやビタミン類の吸収を助けたり、血流を促す作用もあるので、疲労回復に効果を発揮するとともに免疫力アップにもつながります。

免疫力がアップすれば、膀胱炎が再発する確率はぐんと下がるので、クエン酸の補給は膀胱炎予防の有効な対策になります。

有機酸には酸っぱい味のするものが多いですが、リンゴ酸の刺激性のある酸味に比べ、クエン酸はおだやかで爽快な酸味といえます。

でも、これら酸っぱい有機酸のおかげで免疫アップや疲労回復できるのであれば、少しくらいの酸っぱさは気にもなりません。

おばあちゃんなんかに、「疲れたときは梅干しがいいよ」なんて、よく聞かされませんでした?

栄養学的なことはわからなくても、酸っぱい有機酸がカラダにいいことは言い伝えで残ってきたのでしょうね。昔の人の知恵です。

膀胱炎の種類や症状

膀胱炎を経験したことのある方はお分かりかもしれませんが、膀胱炎の症状は様々あり、症状が重なって表れることもよくあります。

膀胱炎にはいくつか種類があり、呼び名もいろいろですが、大別すると以下の3つです。

急性単純性膀胱炎 複雑性膀胱炎 間質性膀胱炎
原 因 細菌の侵入 免疫低下による細菌の繁殖 不明確(膀胱内膜の損傷による)
症 状 頻尿、残尿感、排尿痛など 慢性的な頻尿、残尿感、排尿痛など 激しい排尿痛、長期にわたる膀胱の痛み・圧迫感

※参考 : 膀胱炎 タイプ別の最新治療(NHK)

膀胱炎は、主に細菌による感染症が原因で発症するのですが、女性のほうが男性に比べ尿道が短いため、細菌が膀胱に到達しやすいことから罹患しやすいとされていますね。

膀胱炎の典型的な症状は次のとおりです。

  • トイレが近くなる(頻尿)
  • 排尿時の痛みや灼熱感
  • 尿のにごりや血尿
  • 残尿感や圧迫感

トイレが近くなる

トイレを我慢している女性

膀胱炎になるとオシッコしたあと、すぐまたトイレに行きたくなる、俗にいう頻尿といわれる症状が出ることがあります。

頻尿症状は過活動膀胱の場合にも見られますが、膀胱炎と過活動膀胱とは基本的に異なる病気です。

両者の違いを見分けるのに、オシッコが溜まっているときに腹部に痛みを感じるかどうかという方法があります。

膀胱炎だと痛みを感じ、過活動膀胱だと痛みがないということですが、膀胱炎になると誰でも必ず痛みを生じるというものでもありませんし、素人が判断するには難しいと思われます。

最近あきらかにトイレが近くなったなど違和感を感じたら、まずお医者さんに相談するのがいいですね。

排尿時の痛み・灼熱感

お腹が痛い女性

膀胱炎になると、オシッコするときに尿道や膀胱周辺に痛みや不快感をともなう排尿時痛を感じることがあります。

排尿時痛は尿道や膀胱、腎臓などのいわゆるオシッコの通り道である尿路部分に炎症があるときに起こるんですね。

排尿時痛は細菌感染が主な原因ですが、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、さらにはクラミジア感染症や淋病などが疑われます。

ただ、排尿時痛にもいろいろあって、排尿の始めに痛むのか、終わりごろに痛いのか、あるいは排尿中ずっと痛みがあるなど症状に違いがあり、それにより疑われる病気をある程度推測することができます。

一般的に膀胱炎の場合は、排尿の終わりごろ尿道口に痛みを感じることが多いです。

尿のにごりや血尿

オシッコに血が混じる血尿が出たり、白くにごる尿混濁があれば膀胱炎を疑う必要があります。

膀胱炎になると、細菌感染により尿路の粘膜が傷付き出血して血尿が出る場合や、細菌をやっつける白血球や炎症部分の分泌液、膀胱の粘膜などが尿に混入するため白濁することがあります。

これらの症状を発見し、普段と違うと感じたら病院へ行くなり早めの対処をすることをお勧めします。

残尿感や圧迫感

膀胱炎の症状には、オシッコしてもなんだか落ち着かない、まだ出そうな感じがするといった残尿感をともなうことがあります。

また、間質性膀胱炎の場合には、オシッコが溜まってくるとお腹の圧迫感(張り)を感じたり、激しい痛みに襲われるようになります。

間質性膀胱炎は、急性膀胱炎よりも頻尿度が増すので、それが原因でうつ病など、他の病気を併発するリスクが生じてきます。

豊潤サジー公式サイト

膀胱炎になる原因

冷え性の女性

膀胱炎の原因としては細菌感染が最も一般的ですが、以下のことが細菌の感染や増殖に関与します。

  • 免疫力の低下
  • 冷えやストレス
  • トイレを我慢する
  • 不適切な衛生管理

免疫力の低下で細菌が侵入してしまう

風邪の季節に免疫力が低下していると、ウイルスに対抗する力が弱いので、すぐに風邪をひいてしまいます。

それと同じように、免疫力の低下は健康なときであれば尿道に侵入した細菌をオシッコとともに洗い流すところを、抵抗力が弱まっているため排出できず、膀胱内へ細菌の侵入を許してしまうのですね。

なので、何度も繰り返す慢性型の膀胱炎に悩まされている人の場合、慢性的に免疫力が低下していることが考えられます。

一度、生活環境を見直したり、生活習慣を変える工夫をしてみると良いかもしれません。

冷えやストレスが免疫力の低下を招く

日本人女性の約7割は冷え性であるといわれますが、体温が下がると免疫力も低下し、細菌に対する抵抗力が弱まって膀胱炎を引き起こす可能性があります。

また、ストレスを抱えたときにも免疫が低下することは、よく知られた事実です。

気分転換の方法を考えておくなど、日頃からストレスを溜めない工夫をしましょう。

トイレを我慢すると細菌が増える

膀胱炎は、大腸菌などの細菌が尿道から侵入することで発症するわけですが、普通はオシッコをすることで、細菌が膀胱へたどり着く前に体外へ排出されます。

ところが、オシッコを我慢していると細菌が膀胱内へ侵入してしまったり、侵入した細菌が膀胱の中で繁殖して増えてしまう可能性があります。

ですので、映画鑑賞とか会議の前などにはトイレをすませておき、できるだけオシッコを我慢することがないよう気をつけたいところですね。

また、夜寝る前にもトイレに行くことをお勧めします。

不適切な衛生管理が膀胱炎を招く

生理用品

男性に比べ、女性が膀胱炎になる確率が高いのは、女性特有の生理にも関係があります。

ナプキンやオリモノシートは、尿道口から肛門にかけてをカバーしますが、こまめに取り換えず長時間つけっぱなしだと細菌が増えやすくなります。

女性は生理期間中はもちろんですが、それ以外にも性交のあとにシャワーを使うなど、常に陰部は清潔に保つように心がけましょう。

膀胱炎が繰り返すのは、そんなところにも原因があったりしますよ。

仕事で疲れていても、飲み会で遅くに帰宅しても、ちゃんとお風呂には入りましょうね。

膀胱炎には適切な対処が重要

膀胱炎で厄介なのは一度治ったと思っても、人により何度も繰り返すところにあります。

繰り返す膀胱炎のことを慢性膀胱炎という言い方をすることもありますが、圧倒的に女性に多いみたいです。

その理由は、やはり男性と女性のカラダのしくみの違いにあるようで、女性の場合には肛門から尿道口までの距離が短いため細菌が近寄りやすく、さらに膀胱へ続く尿道も短いので菌が侵入しやすいのですね。

女性は膀胱炎の症状に気づいても、恥ずかしいなどの理由で、すぐに病院を訪れない人も多いのですが、膀胱炎を放っておくと発熱や嘔吐、背中や腰に痛みをともなう腎孟腎炎を招いたり、さらには腎不全にまで症状が悪化してしまう可能性があります。

腎臓

膀胱炎は細菌の感染が原因なので、早い時期に病院で抗生物質の投与などを受ければ大事に至らずに済ませることは十分に可能です。

膀胱炎が繰り返すのを防ぐためにも、兆候がみられたら勇気を出して早めに病院へ行きましょう。

膀胱炎は、体のしくみの違いで男性より女性のほうがかかりやすいですが、ストレスや疲労の蓄積、また無理なダイエットなどで体の免疫力が低下しているときに発症しやすくなります。

免疫力が低下すると細菌に対抗する力が弱くなるため、細菌の増殖を抑えられなくなるのが理由です。

膀胱炎を繰り返す人は慢性的な免疫力低下の傾向にあると考えられるので、予防するためには日常生活において適切な対策を講じることが重要です。

次のセクションでは、有機酸の摂取方法と注意点について説明します。

有機酸の摂取方法と注意点

膀胱炎を予防するうえで、有機酸を摂取することはひとつの方法ですが、効果的に摂取するためには、適切な方法と量を守ることが大切です。

以下に、有機酸の摂取方法と注意点をいくつか挙げてみますね。

適切な摂取方法3点

  • 飲料として摂取: サジージュースやレモンウォーターのような飲料は、手軽に有機酸を摂取する方法です。これらは、朝や食事の際に飲むと効果的ですよ。
  • 食事に取り入れる: リンゴやベリー類、トマトなどの有機酸を多く含む食品を日常の食事に取り入れることで、自然な形で摂取できます。サラダやスムージーに加えるのも良いでしょう。
  • サプリメントの利用: サジーやクエン酸のサプリメントを利用することで、効率的に有機酸を補うことができます。忙しい日常生活でも、割と手軽に摂取できる方法です。

サジーのサプリメント

摂取する際に注意すべきこと

  • 適切な摂取量を守る: 有機酸の過剰摂取は、消化器系の不調や歯のエナメル質の損傷を引き起こす可能性があります。特にサプリメントを利用する場合は、パッケージに記載されている推奨摂取量を守ることが重要ですね。
  • 食物アレルギーに注意: サジーや他の果実に対してアレルギーがある場合は、摂取を避けるか医師に相談することがとても大事です。
  • 医薬品との相互作用: 一部の有機酸は特定の医薬品と相互作用する可能性があります。抗生剤や利尿剤を服用している場合は、医師に相談してから有機酸を摂取するようにしましょう。
  • 酸性度の管理: 有機酸の摂取が過剰になると、尿が過度に酸性化し、結石のリスクが増加することがあります。バランスの良い摂取を心掛けてくださいね。

これらの点に注意しながら有機酸を適切に摂取すれば、膀胱炎の予防や健康維持に役立てることができるはずです。

豊潤サジー公式サイト

膀胱炎の治療法と有機酸の役割

抗生剤

膀胱炎の治療には、主に抗生剤が用いられますが、有機酸も補助的な役割を果たします。

ここでは、膀胱炎の治療法と有機酸の具体的な役割について説明します。

膀胱炎の一般的な治療法

  • 抗生剤の使用: 膀胱炎の治療には、最も一般的に細菌を除去するための抗生剤が使用されます。投与される抗生剤は感染の種類や患者さんの状態により異なってきます。
  • 水分補給: 水分を大量に摂取して、たくさんオシッコすることで尿路から細菌を排出しましょう。夜中のトイレが面倒だから、寝る前にはお水を飲まないという方がいらっしゃいますが、それはNG。とにかく細菌を追い出すことです。
  • 痛みの管理: お医者さんによっては、排尿時の痛みや不快感を和らげるために、鎮痛剤を処方してくれることがあります。

有機酸の役割

  • 抗菌補助効果: サジージュースや他の有機酸は、抗生剤と併用することで細菌の増殖をさらに抑制する効果があります。有機酸が細菌の粘膜付着を防ぐことで、再発のリスクを低減します。
  • 炎症の抑制: 有機酸には抗酸化作用があるので、膀胱内の炎症を軽減する効果があります。これにより、治療期間を短縮できることもありますよ。
  • 免疫力のサポート: 有機酸が含むビタミンCや他の栄養素は、免疫システムを強化することで、細菌感染に対する抵抗力を高めます。

治療に有機酸を併用する時の注意点

医師の診断を受ける女性

  • 医師の指導を仰ぐ: 有機酸を抗生剤と併用する際は、必ず医師に相談してから行うようにしましょう。薬物相互作用のリスクを避けるために大事なことです。
  • バランスの取れた摂取: 有機酸の過剰摂取を避けるために、適切な摂取量を守ることが重要です。特にサプリメントを利用する場合は、説明書に記載の用法用量を守り、製品の指示に従いましょう。

膀胱炎の治療においては、医師の指導の下で適切な治療法を選び、有機酸を補助的に利用することで、より効果的な治療をすることができます。

豊潤サジー公式サイト

まとめ

膀胱炎は多くの人が経験する一般的な疾患ですが、有機酸を有効活用するなど、適切な予防と治療によってその影響を最小限に抑えることができます。

  1. サジージュースやレモンウォーターを日常に取り入れる
    • サジーに含まれる有機酸や、レモンのクエン酸が細菌の付着を防ぎます。
    • 毎日適量を摂取することで、尿路の健康を維持します。
  2. バランスの良い食事
    • 有機酸を含む果実や野菜を積極的に摂取することで、自然な形で健康をサポートします。
  3. サプリメントの活用
    • 忙しい生活の中で有機酸を効果的に摂取する手段としては、サプリメントを利用する方法もあります。
    • サプリメントを選ぶときは信頼できる製品を選び、摂取量を守ることが重要になります。
  4. 医師の指導の下での併用
    • 抗生剤と有機酸を併用する際は、必ず医師に相談してから行いましょう。
    • 適切な治療と予防策を組み合わせることで、膀胱炎の再発を防ぐことができます。

有機酸を上手に活用し、膀胱炎のリスクを減少させることで、健康な生活を維持してくださいね。

この記事で、有機酸の抗菌作用や免疫力向上の効果が、膀胱炎の予防や治療において重要な役割を果たすことがお分かりいただけたなら幸いです。

最後までお読み頂き、有難うございました。