黒板の感染症対策

マイコプラズマは細菌の一種で、風邪をはじめ「気管支炎」や「肺炎」などを発症する原因菌です。

マイコプラズマに感染すると「咳」とか「頭痛」、「下痢」、「嘔吐」などの症状が表れますが、重症化すると肺炎腸炎、さらには髄膜炎脳炎などを引き起こすこともあるので油断はできません。

ここでは、比較的かるい疾患から、重い病気まで引き起こすことのあるマイコプラズマについて解説しています。

この記事でわかること
  • マイコプラズマの感染経路
  • マイコプラズマの初期症状
  • マイコプラズマから肺炎になる確率
  • マイコプラズマの予防方法
About この記事を書いた人

ブログ運営者こんにちは! メグです。
オーガニックな生活に取り組んで5年目の主婦です。
夫と5歳、2歳の子供+義父の5人が、小さな家で暮らしています。
某食品メーカーで食品分析士として働いた経験を活かし、家族の健康のため自然素材を取り入れる生活を心がけています。
ブログ名のオーガニッチは、自然素材から作られるニッチなアイテムを紹介することから名づけました。
今は専業主婦ですが、ずっと家にいたのでは窒息しそうになるので、ひそかに仕事復帰のチャンスをうかがっています。
●資格保有:食品分析士、管理栄養士

マイコプラズマ感染経路と発症するまで

空気感染

マイコプラズマの感染が広がっていく経路については2通りあります。

ひとつは飛沫による感染で、感染している人が咳やくしゃみをするとマイコプラズマが空気中に飛散し、それを吸い込んだ人は感染します。

もうひとつは接触感染で、感染者が触ったドアノブや吊り革、感染者が使ったスマホやタオルなどに触れることでマイコプラズマが指や手に付着し、それが目や鼻や口などの粘膜から体内に侵入して感染します。

空気中を漂うマイコプラズマは目には見えませんし、人は無意識のうちに目をこすってみたり、頬やあごを触っているものです。

マイコプラズマに感染し、本格的な症状が表れるまでの潜伏期間はだいたい2週間から3週間程度ですが、その間にも人によって様々な病状がみられます。

感染したときの症状

頭痛の女性

感染して初期のうちは風邪によく似ていて、「頭痛」や「喉の痛み」、「だるい」、「発熱」などの症状が表れます。

徐々に咳きこみ方が強くなっていき、乾いた咳から、しだいに痰のからんだ湿った咳へと変化していきます。

マイコプラズマによる感染症状は、通常1週間程度で回復に向かい「気管支炎」くらいで治まりますが、微熱と咳が長引くようだと「肺炎」を疑う必要が出てきます。

マイコプラズマはいろいろな臓器にも疾患を引き起こすことがあり、とくに肺炎になると合併症として中耳炎、脳炎、肝炎、髄膜炎、ギラン・バレー症候群など、さらに重篤な病気を発症する恐れもあるので油断禁物です。

風邪は治ったはずなのに咳が長引くなど、少しでもおかしいと感じたら重症化する前に早めにお医者さんと相談してくださいね。

肺炎になる確率

肺炎の表現図

マイコプラズマの感染により肺炎を発症するのは幼児など低年齢層に多く、成人も含めた肺炎患者の約8割程度が30歳未満だといわれます。

また、感染したからといってすべてのケースで肺炎にまで進行するわけではなく、マイコプラズマ肺炎を発症するのは感染者のおおよそ5%前後との報告があります。

予防と治療について

感染予防

マイコプラズマの感染を防ぐための予防ワクチンはありません。

予防法としては風邪と同じで、「手洗い」、「うがい」、「マスクの着用」を徹底することと、免疫力を低下させないようバランスの良い食事を摂るとか、十分な睡眠をとることが大事です。

治療についても、家庭において栄養を摂り、しっかり休養もとることで通常は自然治癒します。

お医者さんでの治療としては、ほとんどの場合が抗生物質の服用になります。

ただ、最近は抗生物質に耐性をもったマイコプラズマが増えてきたため、思うような効果を期待できない場合もたまにあります。

なので、やはり食事と睡眠に留意して、安静に努めることが大切ですね。

布団

まとめ

マイコプラズマ感染症は、幼児から中学生あたりが最も発症しやすい年齢層とされていますが、大人でも感染する疾患です。

基本的には養生することで自然に治る疾患なので、もし感染してしまった場合には栄養のある食事や睡眠をとる、仕事などで無理をしないということに心がけて、十分な休養をとってください。

1、2週間が過ぎても咳など症状が長引くようなときは、お医者さんでよく診てもらい、重症化して肺炎などに進行しないように気をつけましょう。

大切なのは風邪が流行るような時期には「マスク」、「手洗い」、「うがい」など基本の予防対策を行い、感染から身を守るよう心がけることです。