さわやかな女性

どくだみ青汁酒の十黒梅(じゅっこくばい)は、止まらない咳をしずめる効果があると多くの方から支持されている健康飲料です。

十黒梅に咳の症状を緩和させる効果があるのは、主原料として使われているどくだみの様々な成分に秘密があります。

このページでは、咳を緩和させる効果をもつどくだみ成分の種類や、咳だけでなく、体を健康に保つ様々な効果についても解説しています。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓


本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品紹介が含まれています。

この記事でわかること
  • どくだみ成分の種類
  • どくだみでなぜ咳がしずまるのか
  • 咳以外でも体にもたらす良い効果

「どくだみが原料の飲み物なんて、かなり飲みにくいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、これがとても飲みやすく、リピーターに言わせると「おいしいので毎日飲むのが楽しみ」なんだそうです。

長く咳でお困りの方のために、ここでは十黒梅に含まれるどくだみ成分の効果や、飲みやすい理由などについてご紹介しています。

この記事が、日々咳に悩まされている方の参考になり、いっときも早く咳から解放されることに役立てば幸いです。

About この記事を書いた人

ブログ運営者こんにちは! メグです。
オーガニックな生活に取り組んで5年目の主婦です。
夫と5歳、2歳の子供+義父の5人が、小さな家で暮らしています。
某食品メーカーで食品分析士として働いた経験を活かし、家族の健康のため自然素材を取り入れる生活を心がけています。
ブログ名のオーガニッチは、自然素材から作られるニッチなアイテムを紹介することから名づけました。
今は専業主婦ですが、ずっと家にいたのでは窒息しそうになるので、ひそかに仕事復帰のチャンスをうかがっています。
●資格保有:食品分析士、管理栄養士

咳をしずめる十黒梅のどくだみ成分

成分

十黒梅が咳をしずめる効果を発揮する理由は、どくだみ成分によるものです。

どくだみは古来より十薬と呼ばれ、体の様々な不調を改善するために有効だと認められてきました。

どくだみに含まれる成分には、次のようなものがあります。

  • デカノイルアセトアルデヒド
  • ラウリルアルデヒド
  • クエルシトリン
  • イソクエルシトリン
  • クロロフィル

ここからは、これらどくだみ成分について解説していきます。

デカノイルアセトアルデヒド

どくだみの花2

デカノイルアセトアルデヒド、舌を噛みそうな名前ですが、これはどくだみ特有の臭気成分で抗菌作用や抗カビ作用のある物質です。

咳が出る原因は、ホコリや雑菌、ウィルスなどの異物が体内に侵入したときに、それら異物を体外へ排出しようとする、体の防御反応によるものです。

また、アレルギー反応により気道が炎症を起こしたときにも咳が出ます。

デカノイルアセトアルデヒドは、抗菌や殺菌、抗炎症作用でもってホコリや雑菌、アレルギーによる炎症に対抗し、咳きこむのをやわらげる効果を発揮します。

ラウリルアルデヒド

どくだみの花3

ラウリルアルデヒドもデカノイルアセトアルデヒドと同じ、どくだみの臭気成分であり、やはり抗菌作用があります。

そして、両方の成分はどくだみの生葉だけに含まれています。

なので、もしどくだみで健康飲料をつくるのであれば、これらを有効に活かすために、生葉を使った生搾り青汁製法がもっとも適した方法になります。

どくだみ茶で使う乾燥葉ではこれらの成分は失われているので、どくだみ成分を100%有効には活用はできないことになるのですね。

さらに十黒梅は、どくだみの有効成分を効率よく吸収できるように、生葉を搾った青汁を発酵させ、健康酒として製造されています。

クエルシトリンとイソクエルシトリン

どくだみには、クエルシトリンイソクエルシトリンという抗炎症作用をもつ成分も含まれていて、咳の緩和にひと役買っています。

そして、この二つの成分には利尿作用や緩下作用(便が柔らかくなる)を促進する効果もあることがわかっています。

実際に十黒梅を飲んだ人の口コミには「便秘が改善した」という書き込みもたくさん見られますよ。

また、クエルシトリンやイソクエルシトリンには、血管を強化し、血行を促進させる作用もあります。

それにより、体の隅々にまで栄養を届けることで、薄毛や抜け毛に悩む人の育毛サポートにも効果があることがわかっています。

クロロフィル(葉緑素)

どくだみの花4

クロロフィルもどくだみに含まれる成分のひとつですが、クロロフィルの食物繊維には、小腸や大腸の絨毛に付着している老廃物を吸着し、体外へ排出するデトックス効果があります。

クロロフィルには強い抗酸化作用もあり、摂取することで免疫力が高まり、活性酸素を取り除く働きで、がんの発症を抑える効果も期待できます。

以上のように、様々な体にとって良い成分を含んでいるどくだみですが、十黒梅ではそれらの成分を可能な限り有効利用するため、生搾り発酵製法で製造しています。

十黒梅の詳しい記事はコチラ↓

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

十黒梅で義父の咳が緩和する

スマホを持つ老人

私が十黒梅の効果をはじめて体験したのは、同居する義父の咳が十黒梅で緩和されたことによります。

義父は、もともと気管支があまり強くないほうで、夜中に咳こんで寝つけないことがあることを知っていました。

病院で処方される薬を飲んだりしても改善されないようで、咳に苦しむお義父さんを見ていると本当にかわいそうでした。

そこで、お義父さんが少しでも楽になればと思い、十黒梅を買ってあげたのです。

十黒梅を知ったのは、咳をしずめるのに良い方法はないかと調べていたとき、ネットで十黒梅の口コミを読んだのがきっかけでした。

たくさんの方の十黒梅に対する感謝の言葉が並んでいたのが、購入してみる動機につながったのですが、そうは言っても半信半疑で買ったというのが本当のところです。

ですが、お義父さんに買ってあげてから、少しずつ咳きこみが少なくなるのを感じ、ひと月も経った頃には夜中に咳こむ音がまったく聞こえなくなったんですね。

十黒梅がすっかり気に入ったお義父さんは、この頃では残り少なくなると、自分でスマホで注文しています。

私は、十黒梅を買ってあげて良かったと思うと同時に、ほかにも咳に苦しむ人がいたら教えてあげたいと思っています。

今ではすっかりどくだみの魅力にハマってしまい、どくだみを使ったいろいろなものにチャレンジしています。

お義父さんはことあるごとに、「毎日とても楽になった。本当にありがとうな」と手を合わせるので、「お礼を言うんなら私じゃなくて、十黒梅をつくっている会社ですよ」と言ったんですね。

すると先日、義父は十黒梅の会社㈱食援隊に、お礼の手紙を書いていたようです。

手紙

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

十黒梅が飲みやすい理由

十黒梅はどくだみの葉っぱからつくられる青汁酒なので、飲んだことのない方はどうしてもあの独特のニオイを想像してしまうと思います。

私もお義父さんに勧めた以上、どんな味がするのか飲んでみたんです。

でも実際に十黒梅を飲んでみると、ほとんどニオイを気にすることなくグイグイ飲むことができるんですね。

その理由は、どくだみ以外の原料として沖縄県産の黒糖や、和歌山県産の梅肉エキスが使用されているからなんです。

黒糖は、どくだみの青汁を発酵させてアルコールを生み出すために加えられますが、独特のコクと深みを与えています。

クエン酸ポリフェノールを豊富に含む梅肉エキスは、スッキリした爽やかで、飲み口の良い味に仕上げるのにひと役買っています。

十黒梅は青汁酒だから飲みやすい

青汁を飲む女性

私はお義父さんにあげた十黒梅を、少しだけもらって飲んでみたことがあります。

個人的な感想としては、ちょっと植物系の香りがするものの、決して飲みにくいことはなく、むしろ爽やかなあと口がして、養〇酒より飲みやすかったですね。

あくまで個人の感想ですが。

ただ、どくだみはその独特なニオイゆえに、お茶などに煎じても好き嫌いのはっきり分かれる植物であることには間違いありません。

十黒梅にしても、ただの青汁だったら美味しいと思う人は、まずいないでしょう。

それが飲みやすくなっているのは、やはり黒糖のコクや梅肉エキスの爽やかな酸味が合わさった青汁酒としてつくられているからだと思います。

でも、どくだみという個性の強い植物からつくられるので、副作用が心配になる方もいらっしゃると思います。

どくだみの副作用については、リピーターのたくさんの口コミにも目を通しましたが、体に不調を感じたという口コミは見当たりませんでした。

やはり、人工的なものは一切使わず、体に害のない天然素材だけからつくられているからだと思います。

ただ副作用とは違いますが、十黒梅はビールよりも度数の高い青汁のお酒なので、アルコールに弱い方や、アレルギー体質の方は注意が必要かと思います。

副作用が気になる方はこちらをどうぞ↓

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

十黒梅の口コミ

説明する女性

十黒梅の愛飲者からの口コミは、そのどれもが咳の緩和効果を実感できたという感謝の言葉にあふれています。

私が義父のために購入するきっかけになったのも、リピーターの口コミを見て「これは良さそうだ!」と直感的に思えたからですが、以下に口コミの一部をご紹介しますね。

リピーター

8年前に喘息の診断を下され、現在の病院は4院目です。吸入をはじめ様々な薬を飲みました。しかしながら夜中に咳が出て安眠出来たことがここ数年ありませんでした。2回で咳が気にならなくなり、今は安眠の日々です  

リピーター

喘息がちの母の咳が だいぶ少なくなりました。ありがとうございます。クチコミの皆さんと比べて、効果が出るのが年齢のためか遅めで、一ヶ月ちかくかかりましたが、十黒梅を飲んだ直後から喉の不快感は明らかに減ったようです。

リピーター

十黒梅に出合った頃は 本当に咳に悩まされていたので、回復して嬉しかったです。体に本当に良いものばかりの飲み物なので、疑いなく安心して、飲むことができます。

さらに口コミを見たい方は公式サイトをご覧ください。
↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

咳の他にも期待できる効果たくさん

十黒梅は主原料にどくだみの生葉を使っていることで、咳をしずめる以外にも様々な効果を期待できます。

ここでは、それぞれについて簡単にふれてみます。

便秘改善の効果

トイレのピクト

どくだみ成分のクエルシトリンとイソクエルシトリンには、利尿作用や緩下作用(便が柔らかくなる作用)があるため、十黒梅で便秘が改善したという口コミも結構目にします。

また、どくだみにはクロロフィルも豊富に含まれているのですが、クロロフィルの食物繊維には小腸や大腸の絨毛に付着した老廃物を吸着し、体外へ排出するデトックス効果があります。

なので、どくだみ成分が含まれた十黒梅に、便秘を改善する効果があっても不思議はないかもしれません。

美肌効果も期待できる

美肌の女性

先ほども登場したクエルシトリンとイソクエルシトリンですが、これらには血流を促進する作用もあります。

一般的に、美肌といわれるイキイキしたお肌は、毛細血管のすみずみまで新鮮な血液が送り込まれ、お肌のターンオーバー周期が正常に保たれることで保たれます。

美肌になるには、血流が良いことが大きく関わってくるのですね。

また、どくだみにはデカノイルアセトアルデヒドという抗菌・殺菌作用のある成分も含まれるため、メイクとか皮脂による毛穴詰まりや汚れ、ストレスによる肌荒れや大人ニキビの改善にも抗菌・殺菌が有効に作用します。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

どくだみに育毛効果がある?

育毛剤

抜け毛や薄毛の悩みで育毛に余念のない方は、男女問わず大勢いらっしゃいますよね。

十黒梅には、育毛効果も期待できると言ったら驚きますか。

これは根拠のない話ではなく、勘のいい方ならお気づきかもしれませんが、やはりあのどくだみ成分、クエルシトリンイソクエルシトリンが育毛のカギを握っているのです。

抜け毛や薄毛の原因のほとんどが、頭皮の毛細血管の血流が悪くなることで発毛に必要な栄養が行き渡らなくなり、ヘアサイクルのリズムが乱れるからだといいます。

なので、美肌効果と同じように、十黒梅でクエルシトリンなどの成分を取り込むことで血流が良くなると、頭皮全体に栄養が行き届き、育毛効果を期待できるわけです。

育毛剤や化粧水の成分表示には、「ドクダミエキス」と記載されているものがあります。

口内炎には梅のパワー

梅の実

十黒梅に使われている梅肉エキスには、殺菌作用があることがよく知られています。

この殺菌作用で、口内炎を改善できるというんですね。

実際、いろんなブログやサイトでも、口内炎の改善には梅肉エキスが効果的という記事がたくさん見つかります。

口内炎とは、口の中とか、その周辺の粘膜部分にできる炎症のことをいいます。

口内炎は様々な部分にできますが、歯ぐきにできると『歯肉炎』、舌にできると『舌炎』といい、唇の場合だと『口唇炎』などと呼ばれています。

大きさとしては、直径1mmくらいのものから1cm程度の大きさのものまで様々ですが、大抵の場合は放っておいても2週間もあれば無くなります。

なので口内炎ができても、「ほったらかしとけば治る」とか「そのうち消えるだろう」というふうに思われがちですが、あまり楽観視できない面もあるんですね。

最悪の場合、口内炎を繰り返すことにより口腔がんを発症するケースがあるからです。

驚く少女

口内炎の治療には、即効性のある薬を使うやり方もありますが、一時的に治っても再発するのが口内炎です。

なので、口内炎がよくできる人は、普段からの予防対策がとても重要になってきます。

十黒梅には、薬のように即効で口内炎を治す効果はありませんが、梅肉エキスが含まれているので、普段から飲むことにより、口内炎をできにくくする予防効果を期待できます。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

副鼻腔炎(蓄膿症)の改善にも効果

どくだみの成分が副鼻腔炎の改善や予防にも、良い効果をもたらします。

そもそも、夜中に咳が出る原因のひとつに、副鼻腔炎の膿が喉に下りてくることで引き起こされることがわかっています。

この現象を、ドクダミ成分のデカノイルアセトアルデヒドがもつ殺菌作用や、クエルシトリンの抗炎症作用が、副鼻腔内の炎症を抑えることで改善に導いてくれるのですね。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

まとめ

どくだみの絵

どくだみには抗菌・殺菌作用をはじめ、健康に過ごすための様々な有効成分があります。

そのどくだみからつくられる十黒梅は、どくだみパワーをフル活用できるところが最大の魅力です。

どくだみ青汁酒「十黒梅」の製造・販売を行っているのは、高知県にある㈱食援隊です。

この会社は、どくだみの栽培から搾り加工、酒造、販売までを一貫して、自社の工場と畑で行っています。

健康に役立つ製品を、目の届くところで責任もってつくるという真摯な姿勢が感じられますね。

販売においても、Amazonなどの大手通販サイトに頼らず自社で行う理由は、リピーターの反響を直接把握して、より良い製品開発や、ユーザーサポートに直結する環境を維持するためだそうです。

徹底した品質管理のもとでつくられる十黒梅なら、これからも安心してお義父さんに飲んでもらえます。

美容や健康に関心の高い方は、こちらの記事もオススメです。↓