咳をする女性2

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品紹介が含まれています。

同居の義父が、夜中になると咳き込むのが気になり調べたところ、咳の原因にもいろいろあることを知りました。

咳が長引くときの原因には、大きく分けて気管支炎(きかんしえん)と気管支喘息(きかんしぜんそく)の2つがあります。

この2つ、名前も症状もよく似てはいるのですが、発症する理由や対処法には違いがあるので、よく見極めることが大切です。

長引く咳を放置しておくと症状が悪化するだけでなく、思わぬ重病に発展するケースもあるので恐いですよね。

このページでは、咳が長引く症状は同じでも根本的には違いのある「気管支炎」と「気管支喘息」について調べたことを記事にしています。

この記事でわかること
  • 気管支炎と喘息の違い
  • 気管支炎の原因や対策
  • 気管支喘息の原因や対策

↓↓咳止め対策の青汁酒↓↓

About この記事を書いた人

ブログ運営者こんにちは! メグです。
オーガニックな生活に取り組んで5年目の主婦です。
夫と5歳、2歳の子供+義父の5人が、小さな家で暮らしています。
某食品メーカーで食品分析士として働いた経験を活かし、家族の健康のため自然素材を取り入れる生活を心がけています。
ブログ名のオーガニッチは、自然素材から作られるニッチなアイテムを紹介することから名づけました。
今は専業主婦ですが、ずっと家にいたのでは窒息しそうになるので、ひそかに仕事復帰のチャンスをうかがっています。
●資格保有:食品分析士、管理栄養士

気管支炎の症状と原因

咳喘息

気管支炎は、気管支に炎症が起きることで発症する病気ですが、咳や鼻水、発熱といった風邪の症状から始まって、痰が絡んだり、激しく咳きこんだりします。

咳や痰が出るのは、外から侵入したホコリや花粉などの異物が気管支の炎症部分を刺激し、それを排除しようとして起こる生体防御反応です。

気管支炎を発症する原因のほとんどはウイルス感染によるもので、たいていは2週間くらい経過すると症状は治まりますが、それ以上咳が長引くような場合には細菌による感染の可能性も考えられます。

また、マイコプラズマのような病原体によって引き起こされることもあり、その場合には悪化すると「肺炎」に進展するケースもあるので、症状によっては専門医によく検査してもらう必要があります。

気管支炎の予防と対策

たばこの煙

気管支炎を予防するには、普段から手洗いやうがいをこまめに行うとか、タバコの副流煙や車の排気ガスなど、気管支を刺激する汚れた空気を取り込まないことが大事です。

風邪の季節にはマスクを着用したり、免疫力を低下させないようバランスの良い食事を摂ることにも心がけましょう。

対策としては、たっぷり栄養を摂って、ぐっすり寝ること。とにかく安静に保つことが大事です。

以上は、急性の気管支炎の場合のことですが、細菌により感染すると慢性気管支炎を発症する場合があります。

また、慢性気管支炎の場合には、すでに喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺がんなどに罹患している可能性もあります。

普段からタバコをよく吸う人の場合は、軽い咳でも慢性気管支炎が疑われるので、できるだけ早く医療機関で診察を受けましょう。

こちらも咳に関連する記事です。⇓
どくだみ青汁酒の十黒梅が夜の咳を…

気管支喘息の症状と原因

肺の解説図

気管支喘息の症状は、発作的な激しい咳呼吸困難、「ヒューヒュー」とか「ゼーゼー」といった喘鳴(ぜんめい)音、動悸や息切れ、背中が痛むなどの特徴がみられることです。

これらの発作を起こす原因は、やはり気道に炎症が起きているせいですが、気管支炎と違うのは、発作がおさまっているときでも慢性的に炎症が起きている点です。

それにより少しでも気道が刺激を受けると、「気管支の内壁が腫れる」、「痰が分泌される」、「周辺筋肉が縮む」などの現象が起こり、空気の通り道が狭くなる「気道閉塞」を起こします。

その結果、呼吸するのが苦しくなったり、激しく咳きこんだりするわけです。

くしゃみをする女性

さらに、気管支喘息が重症化すると血液中の酸素が欠乏し、唇が紫色になるチアノーゼ状態で意識不明に陥ることもあるので注意が必要です。

気道の炎症に刺激を与えるものとしては、ウイルスや細菌などの病原体、花粉やダニなどのアレルゲン(アレルギー物質)、タバコの煙や汚れた空気などがありますが、ほかにもダニやカビ、激しい運動などすると気道を刺激します。

気管支喘息はアレルギー性の病気ともいわれるので、アトピー体質の人は生活環境も見直してみましょう。

気管支喘息の予防と対策

吸入器

気管支喘息の予防としては、気管支炎の予防に加えて「タバコを吸わない」、「十分な睡眠をとる」、「ストレスを溜めない」なども重要です。

対策としては「発作時薬物療法」と「長期間薬物療法」があります。

発作時薬物療法は、喘息の発作が起きたときに「気管支吸入薬」を吸入したり、ステロイド薬を内服します。

それに対して長期間薬物療法は発作の予防を目的として、発作があってもなくても吸入薬や内服薬を毎日継続する方法です。

喘息の発作に襲われてから気管支吸入を行うよりも、予防を重視した長期間薬物療法を続けるほうが、突然の発作に怯えることなく快適な毎日を送れます。

家庭において治療を行う中で、横たわるのも苦しいという場合には、ためらわず医療機関を訪れて、入院治療など適切なケアを受けてください。

気管支喘息の治療は焦らずに、じっくり腰を落ち着けて臨むのがベストです。

こちらも咳に関連する記事です。⇓
咳が止まらないなら試してみて!

まとめ

医師の診断

気管支炎と気管支喘息の違いについてまとめてみます。

両方とも気管支に炎症を起こすことで発症しますが、咳の発作がないときにも炎症が残ったままなのが気管支喘息です。

気管支炎が重症化すると、ワンステージ進んで次の段階の重篤な病気(肺炎など)を患うことがありますが、気管支喘息の場合は重症化するとそのまま喘息死などを引き起こすこともあるのが恐いところです。

また、気管支喘息の特徴としては、前段階に「咳喘息」があります。

咳喘息の段階では、喘鳴や呼吸困難などの症状はみられず、痰もあまりからみません。

咳喘息の段階で適切な処置を施せば、気管支喘息に移行するのを防ぐことは十分可能なので、専門医の指示を仰いだりして症状の軽いうちに、移行をくい止めるのが重要です。

気管支炎も気管支喘息も、現代の医療のもとで適切な対応さえ怠らなければ、以前ほど恐れる疾患ではありません。

たとえ治療が長引いても、いずれは健常者と変わらない生活を取り戻せるので、医師のアドバイスを受けながら治療に取り組んでいきましょう。