ウンチのぬいぐるみ

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品紹介が含まれています。

日本人には、便秘に悩む人が多いようです。

便秘になる原因は、食生活や運動不足、ストレスなどが考えられますが、高齢になるに従い、便秘になる人の割合は高くなります。

私も以前、便秘に悩まされた時期があったのですが、良い解消法を知ってからは、とっても楽になりました。

その解消法というのは、どくだみのパワーを借りることです。

あ、どくだみ茶ではなく、私が飲んでいるのはどくだみ青汁酒です。

この記事ではこんなことを書いてます
  • 十黒梅の便秘解消の効果の口コミ
  • 便秘解消に効くどくだみの成分
  • 便秘の種類と原因、および解消法

どくだみのお酒は、お茶に比べると、はるかに多くの濃縮されたどくだみパワーが詰まっているんです。

このページでは、便秘解消に効果があるどくだみ青汁酒の十黒梅と、日本人に多い便秘の種類や原因、その解消法などについて紹介しています。

十黒梅について詳しくは、下記のページでご覧いただけます。↓
どくだみ青汁酒の十黒梅が夜の咳を…

About この記事を書いた人

ブログ運営者こんにちは! メグです。
オーガニックな生活に取り組んで5年目の主婦です。
夫と5歳、2歳の子供+義父の5人が、小さな家で暮らしています。
某食品メーカーで食品分析士として働いた経験を活かし、家族の健康のため自然素材を取り入れる生活を心がけています。
ブログ名のオーガニッチは、自然素材から作られるニッチなアイテムを紹介することから名づけました。
今は専業主婦ですが、ずっと家にいたのでは窒息しそうになるので、ひそかに仕事復帰のチャンスをうかがっています。
●資格保有:食品分析士、管理栄養士

十黒梅で便秘が解消した口コミ

十黒梅の広告写真(引用 : 十黒梅公式サイト)

十黒梅は、どくだみの青汁健康酒として製造されていますが、よく知られているのは咳止めの効果です。

そもそも、咳をしずめる目的で愛飲している方が多いのですが、どくだみに含まれる優れた成分は、お通じにも良いことがわかっています。

リピーター

便の通じも良く、疲れも取れます
十黒梅のおかげで体調は良く、便の通じも良く、疲れもよく取れます。 昨年の10月、ひどい咳と痰から良くなりました。十黒梅はおいしいです。今後共 よろしくお願いします。80代

リピーター

盃八分目で、朝、毎日出ます
十黒梅を飲み始めてからの毎日、便秘をしなくなりました。今までいろいろ試しましたが途中で飽きてしまったり慢性してか、又便秘したりで止めてしまいました。ところが、十黒梅を飲み始めて一年近いですが、 おいしいし 夜寝る前に飲んでいますが、本当にあの盃八分目で、朝、毎日出ます。本当に有難く思ってます。60代

リピーター

腸の調子が良くなった
インターネットで十黒梅をみつけ、飲み始めたら、咳はもちろんですが、とても良い便が出る様になり、便器につかず びっくりです。体が冷えなくなり、体温が上がりました。咳も止まり、腸の調子が良くなったのが、何より嬉しいです。70代

リピーター

朝には快便が出ます
現在、寝る前にいただいてますが体があたたまり、朝には快便が出ます。便をよく出す事は、体に毒素をためない事でもあり、健康につながる第一歩と考えています。デトックスは大切な事で腸を大切にする事が体を健康に保つ要因の一つと考えています。快便の為にも続けてゆきたいです。30代

リピーター

便が通常時より多くなり、あれ?
到着と同時に十黒梅を服用したところ翌日から咳が少なくなって来ました。便秘はないのですが、便が通常時より多くなり、あれ?と思いました。今まで朝までぐっすりと眠れなかったのが、ぐっすり眠れたのか、寝起きが異なって来ました。50代

リピーター

ウソではなくて、効いたんです!
長い間 咳喘息で大変な思いをしました。看護師なので、いろいろな薬を飲んでいましたが、なかなか治りませんでした。お客様の声なんて本当のこと書いてるの?と思っていましたが、ウソではなくて、本当に効いたんです!!便通もよくなり、今では夫も一緒に飲んでいます。本当にどくだみの効果には驚いています。40代

リピーター

良いことづくめです
このような咳は、初めての経験で辛い毎日でしたが、そんな時インターネットの検索で「十黒梅」を知りました。今思えば咳のおかげで「十黒梅」を知ることができたわけで、咳にも”感謝”です。又、長年悩まされてきた「便秘」解消が私には一番うれしいことです。飲んだ翌日から、毎日スッキリ!!夕食時に飲んで、気分も最高。夜もぐっすりねむれ、疲れ知らず、良いことづくめです。50代

リピーター

毎日たくさん気持ちよく出ます
今でも薬と併用していますが、時々少しせきが出て、少しのどがムズムズするぐらいで、とても楽になりました。便秘していたわけではありませんが、以前より毎日、たくさん気持ちよく出ます。出たあとも、おなかが痛くなく本当にありがたいです。50代

リピーター

スルッと良い色でスッキリと
十黒梅2本目です。1本目飲み始めてから思ったとおり、悩んでいた便が解決です。すごく良いのが出ます。スルッと良い色でスッキリと出た後は満足です。(^v^)50代

ではなぜ、十黒梅に便秘を解消する効果があるのかについて、どくだみに含まれる成分について説明しますね。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

便秘解消に有効などくだみ成分

どくだみの花8

どくだみには、クエルシトリンイソクエルシトリンクロロフィルなどの成分が含まれています。

以下では、それぞれの成分がもたらす作用について説明します。

クエルシトリンとイソクエルシトリン

利尿作用緩下作用(便が柔らかくなる)があり、咳をしずめるために十黒梅を飲んだ人のお通じが良くなったのは、この効果によるものです。

さらにクエルシトリンとイソクエルシトリンには、

  • 血圧降下
  • 毛細血管強化
  • 抗炎症
  • 新陳代謝の促進

などの作用もあり、脳出血脳軟化クモ膜下出血などの予防にも有効であるとされています。

ここで注意したいのは、便秘ではない人が十黒梅を飲むと下痢のような症状が起こったという口コミがあるので、飲む量には気をつけたいですね。

クロロフィル(葉緑素)

どくだみの群生

クロロフィルの食物繊維には、小腸や大腸の絨毛に付着している老廃物を吸着し、体外へ排出するデトックス効果があります。

これが便秘解消につながるのですが、クロロフィルには強い抗酸化作用もあり、活性酸素を取り除く働きで、がんの発症を抑える効果も期待されています。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

ドクダミ成分は乾燥に弱い

どくだみの乾燥葉

どくだみ成分の優れた点はおわかりいただけたと思いますが、実は、どくだみの成分は乾燥すると失われるという欠点があります。

なので、どくだみ茶を煎じるときの乾燥葉には、どくだみの有効成分が十分に存在していないことになります。

そこで十黒梅では、どくだみの良いところを余すことなく利用するため、どくだみの生葉を搾った青汁酒としてつくられています。

私が冒頭で、お茶ではなく青汁酒を飲んでいると言ったのは、そういうことなんですね。

単なる青汁ではなく青汁のお酒としてつくるのは、アルコールと合わさることで体への吸収力が高まるからです。

便秘の種類と原因

便秘に悩む女性

便秘には明確な定義はありませんが、一般的に3~4日便が出ないと便秘だといわれるようです。

便秘の種類としては、おおまかに次の3つがあります。

  1. 弛緩(しかん)性便秘・・・大腸の運動が低下することで起こる
  2. 痙攣(けいれん)性便秘・・・ストレスや過敏性腸症候群などが原因
  3. 直腸性便秘・・・便が直腸に留まっていても便意を感じず、便が停滞してしまう

とくに高齢者に多いのが、1と3で、便秘の原因には主に下記の5つが考えられます。

大腸の働きや筋力の低下

歳をとると、蠕動運動(ぜんどううんどう)という便を送り出す大腸の働きが鈍くなるのと、排便に必要な腹筋などの筋力が弱まっているので排便しにくくなるんですね。

食事量の減少

拒食症

高齢になると、若い頃に比べてごはんを食べる量が少なくなりますが、少食になると便の量も少なくなります。

便が少なくなれば大腸の働きが鈍くなり、便を押し出す力が弱まってしまうのですね。

朝食を抜いたりするのも胃腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こしやすくなりますよ。

水分を摂らない

高齢者には、頻尿や夜間のトイレを気にして水分を控えてしまう人も多いようですが、体の中の水分が少ないことも便秘の原因のひとつです。

そもそも便は7~8割が水分ですから、水分不足で便がカチカチに硬くなると腸の中をスムーズに移動できなくなるんですね。

移動できない、すなわち腸の中に留まることで便秘を悪化させてしまいます。

便意を感じにくい

高齢者は、体のあらゆる機能や神経伝達が衰えてくるため、便意を感じにくくなり、排便のタイミングもわかりにくくなります。

とくに移動時や、トイレへ行く介助が必要な人は、周囲に迷惑をかけまいとして我慢してしまうこともあるようで、これがまたタイミングを逸することになるんですね。

便意をもよおしたら、我慢せずトイレに行くようにしましょう。

服用している薬の副作用

服用している薬によっては、副作用として便秘がちになることもあります。

とくに、抗生物質や抗うつ剤などが、副作用で便秘を引き起こすケースがあるので、心当たりがあるときには医師などに相談してみましょう。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

便秘を解消するには食事と水分

腸活

便秘の原因がわかれば、次のような解消法もみえてきます。

  • バランスのとれた食生活を心がける
  • こまめに水分を補給する
  • 体を温める
  • 適度な運動をする

これらを総称して腸活といいますが、便秘の原因には、食生活や運動不足、ストレスなども考えられます。

バランスの良い食生活を心がける

バランスの良い食生活というのは、水溶性食物繊維不溶性食物繊維を良い割合で摂取することですが、水溶性食物繊維は「海藻」や「果物」、不溶性食物繊維は「豆類」、「穀類」、「野菜」などに多く含まれています。

お肉を食べると便秘になりやすいと聞くことがありますが、お肉に含まれるたんぱく質などの栄養素は、健康な生活を送るために欠かせません。

今さら言うことでもありませんが、お肉を食べるときには野菜も一緒に摂ることが大切なんですね。

ヘルシーなサンドウィッチ

便秘を解消するために、便秘薬やサプリなどを使用する人もいます。

ただ薬は、下痢や腹痛、吐き気や嘔吐、お腹が張った感じなどの副作用が出たり、長期間使用すると、逆に腸内環境を悪化させることもあるようです。

また私の場合、サプリはほとんど効果がありませんでした。

自然素材のみからつくられた「十黒梅」なら安心できるので、「この頃お通じが悪いな」と思ったときには、家族が愛飲している十黒梅を拝借しています。(笑)

こまめな水分補給をする

体に十分な水分量がないと、便が硬くなり腸に留まる直腸性便秘になりやすくなります。

でも、「喉が乾いてもいないのに水を飲むのは辛い」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、できるだけ水分が摂れるような工夫も必要になってきます。

お水

一般的には、一日に1.5~2リットルの水分を摂ることが推奨されていますが、「ええー! そんなに飲めないよー」という方もいらっしゃるでしょう。

でもこれは、一気に飲めというのではなく、一日のうちで分散して飲めばよいので腸の活動が活発な朝の起床時に、まず一杯のお水を飲むことからお勧めします。

朝目覚めたときは、眠っている間に水分を放出しているので、体が意外と水分を受け付けますよ。

夏には冷たいお水、冬だったら温かい白湯などが飲みやすいし、腸も刺激されて便秘解消につながります。

また、お水にレモンとかハーブなんかを入れるのも飲みやすくなるし、ビタミンや水溶性食物繊維などが溶け出しているので、さらに効果的です。

水を飲むシニア男性

お茶

お茶にはビタミンやミネラル、それに食物繊維も豊富に含まれ、腸内環境を整える効果が期待できます。

ハーブティーや玄米茶、ルイボスティーやごぼう茶など、お茶にはいろいろな種類がありますが、手軽に飲めて水分補給のできるところがいいですね。

ただ緑茶や紅茶の場合は、カフェインやタンニンが多く含まれており、利尿作用があるので、腸内の水分が失われてしまいがちです。

さらに、タンニンには便を硬くする働きがあるので、便秘を引き起こす要因になります。

夜寝る前にお茶を飲むときには、ノンカフェインのものにしましょう。

ココア

カフェインは、できるだけ避けるほうがいいのでコーヒーも良くないのですが、ココアは違います。

ココアに食物繊維が豊富なことはよく知られていますが、水溶性食物繊維と不要性食物繊維の両方が含まれるため、腸内環境を整える効果があり、便秘の解消に期待できます。

ただし、ココアは結構カロリーが高いので、カロリーが気になる方は飲み過ぎ注意です。

自販機などの缶入りココアも、カロリーの高いものが多いのでお勧めできません。

ココア

炭酸水

炭酸水に含まれている二酸化炭素には、便を柔らかくする効果があります。

また、胃酸の分泌を促進する作用もあり、消化の働きが良くなって、便秘解消を助ける効果を期待できます。

炭酸水が飲みにくいという場合には、味のついた炭酸入りジュースなどを飲んでもいいでしょう。

果物ジュース

果物には食物繊維がたくさん含まれているものが多いので、フルーツジュースは便秘解消に大いに期待できます。

少し手間はかかりますが、ジューサーでリンゴやバナナをフルーツジュースにして飲むのはお勧めです。

リンゴは無農薬のオーガニック栽培のものを選び、栄養いっぱいの皮ごとジュースにするのが理想的ですね。

りんご

リンゴ酢や黒酢

お酢には新陳代謝を促す作用があるので、腸のぜん動運動を活発にして便秘の解消に役立ちます。

量としては一日に大さじ一杯程度を、朝食のときに飲むのが効果的です。

お酢だけでは飲みにくかったら、野菜ジュースや果物ジュースなどに混ぜて飲むのもありですよ。

甘酒

ふだん、あまり口にすることはないですが、甘酒は便秘解消に効果がある食物繊維やオリゴ糖を豊富に含んでいます

ただ飲むのであれば、米麹からつくられたものに限ります。酒粕を溶かしたものでは意味がありません。

体を温める

体を温めると血行が良くなって腸の動きが良くなるし、腸内の善玉菌の働きも活発になって腸内環境が整うので、便通が促進されるようになります。

体を温めるには、

  • 湯たんぽ
  • 温熱シート
  • ホットパック
  • 電気毛布
  • 蒸しタオル

などを使う方法がありますが、いずれの場合でもやけどを負わないようにだけは充分に気をつけましょう。

イメージとしては、お腹を中心に体全体を温めるようにしてください。

適度な運動をする

運動不足になると、腸のぜん動運動や排便に使う筋力が衰えて、排便する力が低下してしまいます。

できれば筋力の衰えを防ぐために、毎日適度な運動を行いたいですね。

これから便秘解消のための運動をしようという方は、長く続けるためにも激しい運動ではなく、軽いウォーキングあたりから始めるのがいいと思います。

屋内では、「お腹をひねる」ような体操をしたり、おへそを中心に「の」の字を書くようにお腹をマッサージするのも有効です。

お腹マッサージ

あとは「バタ足体操」とか、「足上げ体操」というようなのもあります。

私は、一時ラジオ体操をやっていたことがあります。

あれ、大人になってやるとわかりますが、結構しんどいのでいい運動になりますよ。

お腹あたりもまんべんなく刺激するので、かなり効果はみこめます。

「ラジオ体操忘れちゃった」という人は、スマホで検索して動画を観ながら一緒にやるといいですね。

ストレッチ体操

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓

まとめ

便秘が続くとお腹が張り、食欲低下や腸のバリア機能も低下し、炎症や感染症などのリスクが高まり体調を崩すことがあります。

また、便秘の悩みは精神的にも悪影響を与えることがあり、仕事もプライベートも、うまくこなせない状況になることがあります。

便秘の原因には、食生活や運動不足、ストレスなどが考えられますが、便秘を解消するには腸の活動を活発にする「腸活」が大事!

記事の前半では、私が利用しているどくだみ青汁酒の「十黒梅」を紹介しましたが、どうしても運動や体操が続かないという人は、そういった健康飲料を試してみるのもいいかもしれません。

ご紹介した腸活の方法の中で、これならできそうだと思えるものがあれば早速始めてみてください。

早くにとりかかるほど、それだけ早く効果が現れます。

便秘解消のための腸活は、自分のペースで無理のないところから始めましょう。

↓↓「十黒梅」公式サイト↓↓